Information

お知らせ

七五三の衣装ってどんなもの?(三歳編)

七五三は着物!というイメージがあると思いますが、身に着ける小物やそれぞれの意味などはご存知でしょうか?
今回は知っておくだけでよりいっそう七五三が楽しくなる!そんな豆知識をご紹介します(^o^)

Vol.3 七五三の衣装ってどんなもの?(3歳さん編)

◆3歳の女の子の着物と小物って?

3歳の女の子は「三つ身」と呼ばれる子供用に仕立てられた小さな着物を着て、その上から「お被布」を羽織るスタイルが一般的です。

【三つ身(みつみ)の着物】
子供の着物の仕立て方には大きく分けて一つ身・三つ身・四つ身の3種類があり、それぞれサイズが異なり、着られる年齢も変わってきます。
一つ身は赤ちゃんから2歳くらいまでの最も小さなサイズの着物。えりに付けたひもを帯のかわりにし、百日のお祝い着として着られることが多いです。四つ身は4歳〜12歳程度まで長く着られる少し大きめのサイズの着物です。
そして3歳で着るのが三つ身の着物。四つ身に比べると身幅が狭いので着られる期間は限られますが、3歳さんならではのサイズ感がとっても可愛いです*

【お被布(おひふ)】
女の子は7歳で大人と同じように帯を締めた着方をしますが、3歳ではまだ身体的な負担もかかるため帯は締めず、代わりにお被布と呼ばれるベストのような羽織りを着ます。少し厚手で袖がなく、下に着る着物と柄や色を合わせたものが多いです。
One point!
アニーズスタジオでは3歳さんの衣装も豊富にご用意しております!着物とお被布をおしゃれに組み合わせたセット、バッグやお草履などはもちろんベレー帽などを合わせて今っぽいコーデも楽しめますのでぜひご利用ください^ ^

アニーズスタジオは衣装が豊富!七五三の衣装ギャラリーはこちら